amazarashi 境界線

少年少女 歌詞

amazarashi

シングル 境界線
作詞 秋田ひろむ
作曲 秋田ひろむ
発売日 2021.11.17
Language: 日本語/ Japanese

少年少女 歌詞 amazarashi

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見てる 
野球部のフライを眺めるように なんとなく未来を見てる
いつかは変わってしまうかな 大好きなあの子の笑顔とか 
馬鹿だったあいつらも 大人になってしまうかな

今まさにヒットを放った 4番バッターのあいつは 
一年後の冬に 飲酒運転で事故って死んだ
その時 誰もがあまりの空っぽに立ち尽くしていた 
母さんが汚れたバットを抱きながら泣き叫んでいた 

僕が憧れた彼女は 男に逃げられたストレスで 
過食気味になったと笑った こけた頬を引きつらせ
右手には悪趣味な指輪と かさぶたの吐きだこ 
諦めるのは簡単と コーヒーをすすった

夜の街を彷徨いながら 昔話に夢中になってた
そんな事もあったねと 彼女は笑いながら泣いた
それでも それでも 頑張れなんて言えなかった
さよなら さよなら せめて笑いながら手を振った

少しずつ 諦める事ばっかり上手になってた 
我慢する事が 人のためになると思ってた
記憶の隅に積み重ねた 無謀な夢と悔し涙 
押し殺したホントの気持ちが むなぐらに掴みかかる

「どうしてここに居るんだよ 今すぐに逃げ出せよ 
望んだ様に生きられないなら 死んでんのと同じだ」
そうだ 僕も君ももう一度新しく生まれ変われるよ  
傷ついて笑うのは 金輪際もうやめにしよう

凍える夜に一人だから 僕等は間違った事もやった
心無い人が多すぎて 僕らは無駄に強くなった
それでも それでも 間違いじゃないと信じたいな
さよなら さよなら 強がりは夜の闇に溶けた

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見てる 
野球部のフライを眺めるように なんとなく未来を見てる
僕は変わってしまったかな 時々不安で恐くなるよ 
ホームインした四番バッターがはしゃいで笑う声

それぞれの不安を抱えて それぞれ未来へ歩んでいった 
それぞれが痛みを抱いて それぞれ今日に立ち尽くした
なんだろう なんだろう 涙が溢れてしょうがないよ
さよなら さよなら 思い出なんて消えてしまえ

どうせ明日が続くなら 思い出なんていらないよ
この足を重くするだけの感傷なら どぶ川に蹴り捨てた
それでも それでも 涙が枯れる事はないから
さよなら さよなら せめて僕は笑いながら泣いた

amazarashi 境界線 歌詞
amazarashi 鴉と白鳥 歌詞

MUSIC VIDEO / PV

amazarashi 少年少女 ROMAJI

kōtei no sumikko de taiiku suwari shite bon’yari to miteru
yakyū bu no furai o nagameru yō ni nan to naku mirai o miteru
itsu ka wa kawatte shimau ka na daisuki na ano ko no egao to ka
baka datta aitsu-ra mo otona ni natte shimau ka na

ima masani hitto o hanatta yon ban battā no aitsu wa
ichi nen-go no fuyu ni inshu unten de jikotte shinda
sono toki dare mo ga amari no karappo ni tachitsukushite ita
haha-san ga yogoreta batto o idaki nagara nakisakende ita

boku ga akogareta kanojo wa otoko ni nigerareta sutoresu de
kashoku kimi ni natta to waratta koketa hō o hikitsurase
migite ni wa aku shumi na yubiwa to kasabuta no haki dako
akirameru no wa kantan to kōhī o susutta

yoru no machi o samayoi nagara mukashibanashi ni muchū ni natteta
sonna koto mo atta ne to kanojo wa warai nagara naita
sore de mo sore de mo ganbare nante ienakatta
sayonara sayonara semete warai nagara te o futta

sukoshi zutsu akirameru koto bakkari jōzu ni natteta
gaman suru koto ga hito no tame ni naru to omotteta
kioku no sumi ni tsumikasaneta mubō na yume to kuyashinamida
oshikoroshita honto no kimochi ga muna gura ni tsukamikakaru

‘dō shite koko ni iru n da yo ima sugu ni nigedaseyo
nozonda yō ni ikirarenainara shinden no to onaji da’
sō da boku mo kimi mo mō ichi do atarashiku umarekawareru yo
kizutsuite warau no wa konrinzai mō yame ni shiyō

kogoeru yoru ni hitori da kara boku-tō wa machigatta koto mo yatta
kokoronai hito ga ō sugite boku-ra wa muda ni tsuyoku natta
sore de mo sore de mo machigai ja nai to shinjitai na
sayonara sayonara tsuyo-gari wa yoru no yami ni toketa

kōtei no sumikko de taiiku suwari shite bon’yari to miteru
yakyū bu no furai o nagameru yō ni nan to naku mirai o miteru
boku wa kawatte shimatta ka na tokidoki fuan de kowaku naru yo
hōmu in shita yon ban battā ga hashaide warau koe

sorezore no fuan o kakaete sorezore mirai e ayunde itta
sorezore ga itami o idaite sorezore kyō ni tachitsukushita
nan darō nan darō namida ga afurete shō ga nai yo
sayonara sayonara omoide nante kiete shimae

dōse asu ga tsuzukunara omoide nante iranai yo
kono ashi o omoku suru dake no kanshō nara dobugawa ni kerisuteta
sore de mo sore de mo namida ga kareru koto wa nai kara
sayonara sayonara semete boku wa warai nagara naita

Similar Posts